メガネのレンズはなにがいいの?

メガネのレンズの材質には、特殊なものもありますが、大体、ガラスレンズとプラスチックレンズの二種類になります。プラスチックレンズは重量が軽く、縁なし枠のメガネにも対応できます。一方、ガラスレンズは、プラスチックレンズより重量はありますが、耐久性があります。強度の近視がある人の場合、レンズをかなり薄くすることが可能なので、ガラスレンズがいいという人もいるでしょう。メガネの重さではなく、透明度やレンズの薄さを重視する人にはガラスレンズが向いているといえるのではないでしょうか。プラスチックレンズは、割れにくく使いやすいですし、実際に使用している人も多いでしょう。使用時、傷をつけないように気をつければ、より長く使うことができるでしょう。

メガネのフレームはどんな素材があるの?

メガネのフレームには、メタル素材、プラスチック素材、樹脂素材などがあります。プラスチック素材にはアセテート、セルロイド、ナイロン素材などがあります。アセテートはセルロイドよりやや軽く、デザインも豊富です。可燃性も低く、安全面においても優れているといえます。セルロイドは弾力性があり、衝撃にも強いので、フレームの厚みを薄くすることが可能です。重量を少しでも軽くしたい場合、フレームの素材と縁なし枠などのデザイン両方を考えて、選ぶとよいのではないでしょうか。また、実際にかけてみて、自分の顔の形状にフィットしたメガネであれば、実際の重さも軽く感じられることがあるようです。フレームの材質、デザイン、かけたときのフィット感すべてを頭に入れて選ぶとよいでしょう。